トップ > 事業内容 > BL管理・実験支援 -- 実験支援業務

BL管理・実験支援

 最終的に放射光を取り出し、実験を行う施設をビームライン(BL)と呼びます。
安定した実験が行えるようビームライン機器の保守・点検を行い、実験時には最適な光を提供するために各機器の調整を行います。 また、効率化を目的とした機器の改良やソフトウェア開発も行います。


 実験の目的・内容に応じて、光学ハッチおよび実験ハッチ各機器の調整を行います。
調整には、放射光(以下、光)のエネルギー変更および光の整形と、またその光に合わせた各機器・測定装置の位置調整等があります。 調整は主にリモートで行われ、そのオペレーション作業を行うことは勿論、制御系ソフトウェアの開発も行っています。
 ユーザー実験中も、ユーザーと共に実験を行い、実験条件の変更に伴う調整作業や、実験データの処理など実験に付帯する各種支援を行っています。 またトラブルが発生した場合は、迅速に実験が再開できるよう復旧させることも重要な仕事です。


≪主な実験支援業務≫

・ ビームライン調整
・ ユーザー実験支援
・ 制御系および測定データ処理ソフトウェアの開発
・ 機器およびソフトウェアのトラブル対応